資料ダウンロード

  • TOP
  • ブログ
  • 倉庫に監視カメラを設置するメリットとは?

ブログ

blog

2021/04/28

倉庫に監視カメラを設置するメリットとは?

倉庫内に監視カメラを設置すると、思わぬメリットが得られます。

ただ単に防犯の目的だけではなく、それ以外に得られるものを知っておくといいでしょう。

今回は、倉庫に監視カメラを設置するメリットと選び方を紹介します。

倉庫に監視カメラがあることのメリット

倉庫に監視カメラを設置すると、防犯以外にも以下のようなメリットを得ることができます。

業務管理・品質管理ができる

1つ目は、従業員の業務管理や品質管理ができる点です。

一気に大人数、大規模の人員や物品を、カメラ1台ですべて監視できます。

特に大規模な倉庫であれば、監視カメラが業務管理や商品の品質向上に貢献してくれるのです。

安全面でも一役買ってくれる

2つ目は、安全面の確保ができることです。

防犯面でも有効なのはもちろん、倉庫内での事故や従業員の体調不良などの事態にいち早く気が付くことができます。

倉庫内での事故や怪我を減らし、万が一の事態を回避できるのです。

倉庫に設置したい監視カメラの選び方

監視カメラは多くの種類がありますが、倉庫に設置するカメラにはいくつかのポイントがあるのです。

ここでは、大きく2つのポイントを紹介します。

設置場所に適した形状かどうか

監視カメラは、設置場所によって適した形が存在します。

ひと口に「監視カメラ」と言っても、夜に強いものや屋内専用の物、有線・無線などの種類があります。

天井からぶら下げるのか、柱に取り付けるのかなどの場所の違いも関係するので、慎重に選びましょう。

いつでも記録映像を見られるか

記録された映像がいつでも見られるかどうかも、カメラを選ぶときに大切な要素です。

監視カメラの中にはスマホやパソコンに接続できれば、どこでも見られる種類もあります。

特定の場所からしか映像を確認できないよりも、どこでも確認できる環境を整えると、よりメリットを感じられるでしょう。

倉庫の監視カメラの設置ポイント

監視カメラを置くべき場所にはポイントがあります。

より防犯効果や品質管理を向上させるには、倉庫の出入り口だけでなく、製造ラインにも設置するべきです。

さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

倉庫の監視カメラの設置ポイント3つ!どこに設置すると効果的?

倉庫に監視カメラを取り付けるとメリットが多い!

いかがでしたでしょうか?

この記事を読むことで倉庫に監視カメラを取り付けることのメリットをご理解いただけたと思います。

防犯的にも役に立ちますが、それ以外でも恩恵を受けられることがわかりました。

倉庫内の管理や、そこで働く人たちの管理もカメラひとつでできるのであれば、とても便利なアイテムです。

倉庫内の監視カメラで、防犯・業務・品質の能力を高めましょう。

 

現場監視カメラの導入を考えている方はこちらからどうぞ

現場監視カメラのお問い合わせやご注文が可能です