お問い合わせ

  • TOP
  • ブログ
  • スマホ連動の屋外監視カメラが建設現場の遠隔監視に最適な理由

ブログ

blog

2021/11/30

スマホ連動の屋外監視カメラが建設現場の遠隔監視に最適な理由

複数の建設現場を並行して管理しないとならないけど、忙しくて全ての現場を回り切れない。そんな悩みはお持ちでないですか?

その悩み、建設現場にスマホ連動の屋外監視カメラを設置することで解決出来るんです。

本記事では、スマホ連動の屋外監視カメラが建設現場の遠隔監視に最適な理由について解説していきます。

複数の現場管理を効率化したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

スマホ連動の屋外監視カメラを使うメリット

・事務所からでも現場状況の把握が可能

・出先や移動中でもスマホから現場状況の把握が可能

・録画映像が残るから現場の防犯対策、安全対策にもなる

・電源さえあれば簡単に導入できる

 

現場から離れた現場事務所からでも現場状況の把握が可能

屋外監視カメラの導入によって、現場から離れた現場事務所からでも状況把握ができるようになります。

これにより現場を巡回することなく現場事務所からでも複数の現場の確認ができ、業務の生産性を向上させることができます。

スマホ連動機能では外出先からでも遠隔監視ができ、スマホからの遠隔操作で撮影するカメラの向きを上下左右に動かしたりズームすることも可能です。

現場で働く従業員の状態確認や労働環境の改善につなげることもできます。

休日に悪天候で現場の状況が気になったときも、自宅からスマホで確認ができるので、現場に行く必要もなく安心です。

 

録画映像の記録が残せる

建設現場では建築資材や建機、現場事務所でのPCの盗難等が多くあります。

屋外監視カメラを設置することで現場の映像を記録として残すことが出来るので防犯対策になります。

また、カメラを設置しているだけで犯行を未然に防ぐことにもつながるんです。

カメラの映像を静止画像や動画として保存することも可能なので、有事の際には証拠になります。

 

電源だけであればwifi環境がいらない

通常、カメラを遠隔監視するにはwifi環境が必要です。

wifiのランニングコストは契約するプロバイダやプランによって異なりますが、月に5,000円程度は考慮しておく必要があります。

また、機器を購入したりプロバイダ契約する必要があるため、費用や手間がかかってしまいます。

監視カメラを設置するためだけに、wifi環境を用意するのは現実的ではありません。

その点、モバイル搭載の監視カメラであれば、スマホと同じようにSIMが内臓されているため、wifi環境は不要です。

さらにレンタルサービスであれば、無駄なコストと手間をかけずに必要な期間だけ利用できるメリットもあります。

建設現場でのネットワークカメラ導入は、工事期間のみ利用できるレンタルサービスが便利です。

建設現場の監視カメラはレンタルがコスパが良い理由については、こちらで詳しく解説しています。

工事現場の監視カメラはレンタルがコスパが良い理由

 

いかがでしたでしょうか。

本記事をお読みいただくことで、スマホ連動の屋外監視カメラが建設現場の遠隔監視に最適な理由についてご理解いただけたと思います。

スマホ連動の屋外監視カメラを導入することで、カメラがあなたの代わりに現場の目になってくれるはずです。

忙しい現場管理を効率化したいという方は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

監視カメラの導入を考えている方はこちらからどうぞ

監視カメラのお問い合わせやご注文が可能です

最新記事

カテゴリー

アーカイブ