資料ダウンロード

  • TOP
  • ブログ
  • 倉庫内の監視カメラ設置場所はどこがいい?おすすめの場所3選!

ブログ

blog

2021/04/28

倉庫内の監視カメラ設置場所はどこがいい?おすすめの場所3選!

倉庫内への監視カメラ設置を検討する際、どこに設置するのが最も効果的なのか、分からない方も多いのではないでしょうか。

より高い効果を期待するのであれば、どこに取り付ければいいかをしっかりと抑えておく必要があります。

そこで今回は、倉庫内で監視カメラを設置する際におすすめの場所を3ヶ所紹介していきます。 ぜひ、参考にしてみてください。

倉庫の監視カメラ設置はリスク回避に有効!

倉庫に監視カメラをつけるのは当たり前になってきました。

監視カメラを導入することで、防犯対策の強化はもちろんのこと、それに加えて従業員の勤怠管理や商品の品質管理ができます。

また、事故や怪我の回避や環境の整備等、あらゆる用途に有効な手段です。

おすすめの倉庫内の監視カメラ設置場所

監視カメラの導入には相応にコストがかかるため、できることなら設置台数は最小限に抑えたいところです。

そこで、監視カメラの効果を最大限発揮するためにおすすめの場所を3ヶ所紹介します。

搬入・搬出口

倉庫内で働く従業員と外部の人間が唯一接する搬入・搬出口は、優先的に監視カメラを設置したい場所です。

外部の人間と接触があるということは、それだけトラブルが起きる可能性が高い場所でもあります。

他の場所は後回しになったとしても、搬入・搬出口は最優先で設置しましょう。

倉庫出入口

倉庫の出入り口に監視カメラをつけるのもおすすめです。

侵入者や見慣れない人間が倉庫内に出入りしていないかを確認するためには、非常に有効な場所です。

製造ライン・工場・保管庫

製造ラインや工場・保管庫にも設置するのがおすすめです。

こちらは防犯目的よりも、勤怠管理や品質管理の意味があります。

特に生産ラインに設置すると、現場の改善すべき項目が見えてくるので、生産効率向上にも貢献するでしょう。

倉庫に監視カメラを設置するメリット

監視カメラの設置はセキュリティ対策としても有効ですが、業務管理・品質管理も可能にします。

さらに詳しく監視カメラの設置のメリットを知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

倉庫に監視カメラを設置するメリットとは?

監視カメラは設置場所次第で生産効率向上にもつながる!

監視カメラの設置場所でおすすめしたい場所を3ヶ所説明しました。

この記事を読むことで倉庫内におけるおすすめの監視カメラの設置場所がご理解いただけたと思います。

監視カメラは防犯目的で設置されることが多いものの、生産向上を目的とした設置も一部進められています。

倉庫の環境改善に取り組むなら、カメラの設置をおすすめします。

 

現場監視カメラの導入を考えている方はこちらからどうぞ

現場監視カメラのお問い合わせやご注文が可能です