資料ダウンロード

  • TOP
  • ブログ
  • 使い道は防犯対策だけじゃない!おすすめ防犯カメラの活用方法4選

ブログ

blog

2021/06/21

使い道は防犯対策だけじゃない!おすすめ防犯カメラの活用方法4選

防犯カメラといえば名前の通り「不審者の侵入を防ぐ目的」で使われると思われがちですが、「せっかく取り付けるのだから、もっといろいろなことに活かせたらいいのに」と思われることでしょう。

実は、防犯カメラは工夫次第で様々な用途に利用可能です。

そこで、本記事では、防犯カメラの活用方法について解説します。

防犯カメラの防犯以外の用途にも役立てることができないかとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

防犯カメラの活用方法 

防犯カメラの主な活用方法について解説します。

防犯

まずは名前の通り、防犯目的での使用です。

カメラを取り付ければ不審者が入ってきたときすぐに気づけますし、外部からの侵入に対する威嚇効果もあります。

また、警察に犯罪の証拠として映像を開示し、従業員による内部の不正を見つけ出す可能性もあります。

業務改善 

防犯カメラは、建設現場や倉庫、工場などの業務・作業効率の改善にも役立ちます。

一連の作業の流れを記録して、無駄な部分や改善点、危険な作業などを見つけ出し、業務改善に活かせるため、改善後は改善前の映像と見比べればどれだけ効果があったか分かりやすいです。

サービス向上 

接客業では、お客様へのサービス向上のため防犯カメラを活用できます。

接客の様子を記録すると問題のある従業員や困っているお客様が分かり、顧客満足度の高い従業員の接客方法を教育にも活かせます。お客様とトラブルになった場合は証拠映像としても使えます。

子どもや高齢者の見守り

防犯カメラは家庭でも、お子様や高齢の方の見守りに利用できます。

スマホで映像を見られるカメラならリアルタイムで様子を確認でき、事故やケガ、勝手に家から出てしまうといったトラブルの防止につながります。

 

防犯カメラの活用は手軽に使えるレンタルカメラで

様々なシーンに活用できる防犯カメラ。

導入を検討されている方は、手軽に利用できるレンタルカメラはいかがでしょうか。

建築や物流の現場で使われている『防犯見守る君』は、短期から長期まで必要な期間使えて料金は9,800円から。

センサー付きや飲食店などで使える屋内型などラインナップも豊富で、スマホ・PCからリアルタイムで映像確認できるので防犯だけでなく、業務改善や見守りなど幅広い用途に利用できます。

 

防犯カメラの選び方

実際に防犯カメラを導入する際の選び方を紹介します。

防犯カメラをどのように選べば良いか詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

防犯カメラと監視カメラの違いとは|最適なカメラの選び方

 

防犯カメラには防犯だけでない活用方法があります

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで防犯カメラの活用方法がご理解いただけたと思います。

防犯カメラと聞くと防犯だけに使うと思いがちですが、実際は企業から家庭まで幅広いシーンで活用することができます。

 

現場監視カメラの導入を考えている方はこちらからどうぞ

現場監視カメラのお問い合わせやご注文が可能です