お問い合わせ

  • TOP
  • ブログ
  • ネットワーク工事不要!SIM内蔵監視カメラで出来ること

ブログ

blog

2021/11/30

ネットワーク工事不要!SIM内蔵監視カメラで出来ること

建設現場で監視カメラの導入を考えているけど、どんなカメラを選んでいいか分からない。とお困りではないでしょうか?

wifi環境のない建設現場で利用するのであれば、SIM内蔵監視カメラがおすすめです。

本記事では、SIM内蔵の監視カメラで出来ることについて解説していきます。

監視カメラの機能やメリットについて知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

SIM内蔵監視カメラで出来ること①スマホ、PCを使ったリアルタイムでの遠隔監視

いわゆる監視カメラは、録画したものを再生するといったイメージですよね。

SIM内蔵の監視カメラだと、撮影場所から離れた場所でもスマホやPCを使ったリアルタイムでの遠隔監視が可能です。

そのほかスマホやPCから遠隔操作でカメラのレンズ向きを調整したり、ズームをすることもできます。

 

SIM内蔵監視カメラで出来ること②録画映像の保存、再生

SIM内蔵の監視カメラでは録画映像をスマホやPCに保存したり、再生することもできます。

SDカード等の記録媒体をカメラから取り外して、PCに入れる必要もありません。

撮影場所から離れたところでも、過去の映像確認やデータ保存が可能で、関係者であれば誰でも見たい映像にアクセスできます。

 

SIM内蔵の監視カメラはレンタルで

建設現場で監視カメラを利用するには、下記の費用が必要となります。

 

・初期費用(カメラの機器代金、wi-fi機器代金、工事費用等)

・ランニング費用(wi-fiや通信キャリアSIMの通信回線費用等)

・保守費用(カメラのメンテナンス費用等)

・盗難保険費用(カメラが盗難にあったときにかかる費用)

 

工期の間だけの利用であれば、必要な期間のみ使えるレンタルサービスがおすすめです。

レンタルサービスではレンタル料金に上記の費用が含まれています。

また、レンタルサービスでは次のようなサービスもあります。

 

映像データが間違いなく録画されているかを定期的にチェックしてくれる

・現場へのカメラの設置、回収を代行して実施してくれる(有償、エリア制限あり)

 

遠隔監視カメラの機能や使い方については、こちらで詳しく解説しています。

遠隔で使える監視カメラとは?必要な機能や使い方

 

wifi環境がない現場への設置はSIM内蔵監視カメラ!

いかがでしたでしょうか。

本記事をお読みいただくことで、SIM内蔵の監視カメラで出来ることについてご理解いただけたと思います。

wifi環境のない建設現場で利用するなら、SIM内蔵監視カメラが最適です。

手間とコストを最小限に抑えて監視カメラを導入したいという方は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

SIM内蔵監視カメラの導入を考えている方はこちらからどうぞ

監視カメラのお問い合わせやご注文が可能です

 
 
 
 
 

最新記事

カテゴリー

アーカイブ