お問い合わせ

  • TOP
  • ブログ
  • 本当に犯罪抑止できる?防犯カメラの効果について

ブログ

blog

2021/04/28

本当に犯罪抑止できる?防犯カメラの効果について

自宅や家族を守る手段の1つとして注目されている防犯カメラ。

設置するだけで防犯率が下がると言われていますが、その他にも効果があるのです。

今回の記事では、防犯カメラの効果とより効果的な設置方法について解説します。

防犯カメラの大きな3つの効果

実際に防犯カメラを設置することで、どんな効果が得られるのでしょうか。

「盗られるものなんてないし必要ない」なんて話をよく耳にしますが、実は防犯カメラには大きく分けて3つの役割があります。

泥棒に入られた時以外にも効果があるため、ここでまとめて確認しておきましょう。

1.犯罪の抑止

防犯カメラを設置することで期待できる最も大きな効果は、犯罪の抑止です。

「抑止」とは物事を未然に防ぐことを指しますが、世界各国において防犯カメラを設置することで犯罪率が下がったということが証明されています。

防犯カメラを設置したからといって犯罪がなくなるわけではありませんが、犯罪者側に「この家に入るのは止めた方がいい」という潜在的な意識が働くため、犯行の対象から外れやすくなります。 たとえ盗られるようなものがなかったとしても、泥棒に自宅に入られること自体が非常に大きなトラブルです。

防犯カメラを設置することで、犯罪者のそういった行動を踏み踏み止まらせることができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

2.証拠写真の撮影

一方で、防犯カメラを設置していたにもかかわらず泥棒に入られてしまったという方がいるというのも事実です。

防犯カメラのない家に比べると圧倒的に少数ですが、万が一そういったことが起こってしまった際も、防犯カメラの映像が事件の早期解決に繋がるケースが多々あります。

実際に防犯カメラの映像を見たことがある方は少ないかもしれませんが、実は防犯カメラの精度は年々上がっており、かなり鮮明な映像がデータとして残ります。

そのため捜査時、防犯カメラがない家では犯人像が曖昧で捜査が長引くケースも多いですが、防犯カメラを設置していた場合には証拠として映像を提出することで早期に犯人が逮捕される確率が高いのです。

3.守られているという安心感

防犯カメラを設置する効果として、もう1つ知っておいてほしいのが防犯カメラを設置したことによる「安心感」です。

前述した通り泥棒に入られる確率がゼロになるということではありませんが、確実に犯罪率が下がるということでより安心した生活を送ることができます。

それでも不安が大きい、という方は自宅の外部だけでなく内部にも設置することでさらに安心感が得られます。

内部に設置することで、泥棒に入られた時にも何時に入られてどこを物色したのか、何を盗っていったのかが鮮明に記録され、犯人逮捕だけでなく盗まれたものが戻ってくる確率も高くなります。

効果的な場所に設置しよう

防犯カメラは「とりあえず設置すればいい」というものではなく、より防犯性を高めるためには効果的な場所に設置する必要があります。

防犯カメラの存在をアピール

防犯カメラを設置して犯罪者の行動を抑止する効果をより大きなものにするために、目につくところに設置するのが基本です。

しかし、場合によっては侵入の際に犯人によって壊されてしまうケースもあるため、誰でも簡単に手が届くような場所に設置するのは おすすめできません。

また、よく日が当たる場所など反射しやすい場所も鮮明な映像が撮れないことがあるのでNGです。 高さや向きに気を付けて設置しましょう。

死角を作らない

防犯カメラを設置する際、気を付けなければならないのが死角です。

死角があるとそこから侵入されてしまったり、見えない位置から防犯カメラを壊されてしまったり、と一気に防犯効果がなくなってしまいます。

防犯カメラと聞くと玄関をイメージしがちですが、実は窓からも同じ位の確率で侵入されています。

設置する向きを確認する、1ヶ所でなく複数設置するなど建物に合った工夫が必要です。

犯罪抑止効果を得やすい防犯カメラの設置場所

犯罪抑止効果を最も得やすいのは、屋外となる玄関や勝手口、窓などの出入口や駐車スペースなどです。

玄関や駐車スペースなど見える場所に防犯カメラを設置することで犯人に対する威嚇にはなりますが、防犯性で考えるとそれだけでは安心性に欠けてしまいます。

実際は塀などで囲まれた外周の方が死角となる部分が非常に多いため、塀と建物の間を広く撮影できる位置にも忘れずに設置しましょう。

夜間に強い監視カメラの選び方

犯罪は昼間に起きるとは限りません。

夜間にも強い監視カメラには、赤外線監視カメラや人感センサーライトという特徴があります。

さらに詳しい機能を知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

夜間に強い監視カメラの選び方のポイントは3つ!

防犯カメラを効果的に利用して犯罪の抑止に繋げよう

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んでいただくことで、防犯カメラの効果についてご理解いただけたと思います。

見える場所に設置するのはもちろん、向きや設置数なども工夫してより自宅の防犯性を高めましょう。

 

現場監視カメラの導入を考えている方はこちらからどうぞ

現場監視カメラのお問い合わせやご注文が可能です

最新記事

カテゴリー

アーカイブ