お問い合わせ

  • TOP
  • ブログ
  • 建設現場の事故防止策|有効なポイントや三大災害を解説

ブログ

blog

2021/06/21

建設現場の事故防止策|有効なポイントや三大災害を解説

危険が隣り合わせの建設現場は、労働災害が起こりやすい場所であり、安全な労働環境の維持が必須です。

しかしながら今日でも建設現場における事故は発生しており、いかに事故を減らすかが最重要項目であることは言うまでもありません。

事故が起こってしまった時に「あの時対策をしておけば…」と、どれだけ後悔しても後の祭りです。

後悔をしないためにも、建設現場で起きやすい災害を踏まえ、事故防止策を徹底し、安全安心な職場環境を整えていきましょう。

本記事では建設現場で起きやすい三大災害と、有効な事故防止策を説明します。

 

建設現場で起きやすい三大災害とは?

建設現場では、昔から以下3つの災害が多発すると言われています。

  • 墜落・転落災害
  • 建設機械・クレーン等の災害
  • 倒壊・崩壊災害

上記3つの災害は、建設現場における「三大災害」と呼ばれ、事故全体の約7割も占めています。

その中でも「墜落・転落災害」が一番多い災害とされ、全体の約4割を占めています。

最近では建設業に携わる人々の高齢化により、転倒災害や交通労働災害が増加傾向にあります。

これまでの事故防止策に加え、労働者の高齢化に対応する労働環境の整備が急務であると言えるでしょう。

 

建設現場の事故防止策

建設現場で事故を防止するには、上記「三大災害」をいかに防いでいくかが鍵となります。

そこで今回は、ポイントとなる建設現場の事故防止策を3点紹介します。

日々の安全対策を徹底する

建設現場の事故防止策として、機械や設備等の定期点検を怠らない点が挙げられます。

「三大災害」は、以下のような基本的な措置が不十分であったために生じたケースが少なくありません。

  • 足場の固定が不完全だった
  • 安全帯を不使用のまま作業を行った
  • 作業開始前の点検を怠っていた
  • 用途外の方法で使用した

このような基本的な事項は基本的であるからこそ、毎日毎日繰り返していると、中途半端になりやすい部分でもあります。

しかし基本的であるからこそ、毎日しっかりと行えているのか、徹底した確認を行い作業を始めるようにしましょう。

転落や飛来物防止に対する防止策を整えておく

万が一に備え、転落や飛来物防止に対する防止策を整えておくのも有効です。

もちろん転落や飛来物自体を防止する策を講じるのは言うまでもありません。

しかし、もしもこのような事態が生じた際に、事前に防止策を講じておくことで、事故のダメージを可能な限り減らせるため、二次災害防止にもつながります。

従業員のストレスマネジメント等を行う

最近では長時間労働や、パワハラ等のストレスによる精神障害に悩む従業員が増えています。

特に建設現場は体が資本の仕事であるからこそ、ちょっとした体調不良が大事故につながりやすい恐れがあります。

建設業や工場などは重労働で休みが少なく、人の入れ替わりも激しい会社も多いため、ストレスがかかりやすい仕事環境だと言えます。

こうしたストレスフルな環境だからこそ、管理職や経営者はより現場で働く従業員の体調やストレス管理に気を配る必要があります。

 

遠隔カメラの有効性

事故を未然に防ぐため、遠隔で使える監視カメラを導入している企業が多いです。

詳しくは、遠隔で使える監視カメラについて解説しているこちらの記事をご参照ください。

遠隔で使える監視カメラとは?必要な機能や使い方

 

複合的な視点で建設現場の事故を防止しよう

ここまで建設現場で起きやすい三大災害と、有効な事故防止策を説明しました。

建設現場における事故防止策を考える参考になりましたでしょうか。

危険が隣り合わせな建設現場は、労働災害が起こりやすい場所であり、いかに安全な職場環境を維持するかが非常に重要です。

建設現場の事故防止策として、工場等に特化した防犯カメラ『現場見守る君』の導入も有効な方法です。

『現場見守る君』では、設置時に防犯設備士から設置場所や機種選定のアドバイスが受けられるため、建設現場でより精度の高い事故防止対策が行えます。

ネット環境で必要な時にレンタルができる商品ですので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

現場監視カメラの導入を考えている方はこちらからどうぞ

現場監視カメラのお問い合わせやご注文が可能です

最新記事

カテゴリー

アーカイブ