資料ダウンロード

  • TOP
  • ブログ
  • 遠隔で使える監視カメラとは?必要な機能や使い方

ブログ

blog

2021/04/30

遠隔で使える監視カメラとは?必要な機能や使い方

監視カメラにはいくつかの種類があります。 その中でも、最近注目を集めているものに、遠隔で使えるカメラがあります。

しかも、この遠隔タイプのカメラはさらにいくつかのタイプに分類できるのです。 今回は、遠隔で使える監視カメラの特徴について紹介します。

遠隔で使える監視カメラに必要な機能

遠隔で使える監視カメラには、タイプによって備わっている機能が異なります。

使う現場やシーンによって求められる機能はさまざまですが、どんなものがあるのでしょうか。 それぞれ順番に紹介していきます。

使い方によって形状や求められるものが違う

まず、遠隔で使う監視カメラは設置する場所によって形状が異なります。

例えば、その都度設営が必要な野外イベントの場合、照明などのいたずらや盗難が心配されますが、既存の防犯カメラでは主催者側で確認ができないことが多いです。

そのため、イベント開催中のみ利用したい方が多く、簡単に設置ができるハンディタイプのものが効果的です。

他にも、盗難防止だけでなく、24時間365日稼働しておく必要がある機器がある場合、遠隔の監視カメラがないと、休日に止まっていないかわざわざ現場に確認する必要があります。

しかし、SIM内蔵型の遠隔監視カメラであれば、スマホで自宅から見えるようになるため、わざわざ現場に行く必要もなく、休日は休むことができます。

センサーによる防犯機能

監視カメラには動くものを検知することでライトを発するセンサーライト機能を持ちます。

適材適所で監視カメラを使うことによって、防犯性を大きく高めることができます。

遠隔監視カメラの有効な使い方

遠隔監視カメラの一番のメリットは、先ほども簡単に触れた職場以外の場所でも映像を見ることができる点です。

これを利用することで、24時間稼働している工場の状況を一人でも監視・管理ができるようになります。

また、これに付随してトラブルを未然に防ぐことだけでなく、現場で働く従業員の状態確認や労働環境の改善などにつなげることもできます。

現場監視カメラの料金

実際に現場監視カメラを導入する際に、判断材料となるのが料金であると思います。

売り切りやレンタルでの料金の違いなど、詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

現場監視カメラを導入するときの料金は?

遠隔監視カメラであらゆる管理を一元化しよう!

いかがでしたでしょうか。

本記事をお読みいただくことで、遠隔で使える監視カメラの特徴についてご理解いただけたと思います。

あらゆる管理がカメラ1台でできるようになると、いろいろなことが一元管理できるようになります。 業務効率化や労働環境改善など、挙げだせばきりがありません。

職場環境の適切な管理・改善を目指すなら、ぜひ一台からでも導入してみてはいかがでしょうか。

 

現場監視カメラの導入を考えている方はこちらからどうぞ

現場監視カメラのお問い合わせやご注文が可能です