お問い合わせ

  • TOP
  • ブログ
  • 工事現場に監視カメラを設置する3つのメリット

ブログ

blog

2021/04/30

工事現場に監視カメラを設置する3つのメリット

最近では、工事現場に防犯カメラが設置されるケースも増えてきました。

工事現場に監視カメラを取り付ければ、様々なトラブルを防止できるというメリットがあります。

しかし、まだ完全に浸透しているとはいえず、あまり必要性を感じていない事業者様も多いでしょう。

そこで、本記事では、工事現場に監視カメラを設置するメリットを3つに分けて紹介します。監視カメラを導入すべきか迷っている事業者様はぜひ参考にしてみてください。

工事現場に監視カメラを設置するメリット

監視カメラを設置するメリットは大きく3つあります。 次の項目から各メリットの解説をしていきます。

メリット1:盗難防止

監視カメラを設置することで、工事現場からの資材や工具、備品などの盗難や事務所荒らしの被害を防止できます。

工事現場で使用されている資材は電線などをはじめ、その多くが金属製品であるため、高値で売りさばくことが可能で、過去には実際に盗難が起きた例もあります。

近年は大阪万博等の大型のイベントが控えているため、資材需要も高まっており、盗んだ資材を高額で売りやすくなっています。

さらに、発電機といった機械類や工具類等の高価な機材も多く存在し、事務所にあるパソコンなどが標的になる可能性もあります。

工事現場の防犯対策は、通常、周囲をフェンスなどで覆い、施錠するだけとなっています。普段は警備員が常駐していますが、夜間や休日などは無人になってしまうことも少なくありません。

工事現場は高い犯罪リスクに晒されていると言え、監視カメラを設置することで、このような盗難被害を未然に防ぐことが期待できます。

メリット2:工事現場の状況を確認できる

監視カメラを設置することで作業の進捗状況や現場に出入りする関係者や車両、搬入・搬出などを監視できます。

作業員に混ざって不審な人間が出入りしていないか、予定にない外部車両が入ってきていないか監視でき、映像は証拠としても残せます。

また、普段から現場の作業状況を確認して、遅れが出ていないか、作業員が危ない行動をとっていないかチェックできます。

万一、事故が起こった際も映像が残っているので、作業員の不安全行動によるものなのか、それとも現場の安全対策が不十分だったためなのか、といった事故原因の究明や再発防止策の検討に役立ちます。

メリット3:警備員を雇うよりもコストを抑えられる

現在、多くの工事現場では、管理のために警備員を配置しています。

そのため、監視カメラがなくても警備員を配置すれば良いのでは、と思われる事業者様もいるでしょう。

しかし、監視カメラにはコストパフォーマンスに優れているという大きなメリットがあります。警備員の1日あたりの警備料金が15,000円~20,000円程程度ですが、防犯カメラの場合、短期間のレンタル料は月額10,000円程度からとなっており、工事期間中、警備員を雇用するよりも大幅に人件費を安く済ませられます。

さらに、警備員は夜間や休日にも配置すると割増料金になってしまいますが、カメラなら同じ料金で24時間監視してくれるため、結果的にコストを抑えられます。

遠隔で使える監視カメラの機能と使い方

工事現場に設置されている監視カメラが休日も作動しているかどうかを確認する際には、遠隔監視カメラが有効です。

さらに詳しく遠隔監視カメラの機能や使い方を知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

遠隔で使える監視カメラとは?必要な機能や使い方

工事現場への監視カメラの導入には大きなメリットがあります

今回は、工事現場に監視カメラを設置するメリットについて解説してきました。

自社にとって現場へのカメラ設置が必要か判断する材料となりましたでしょうか? 工事現場に監視カメラを取り付けることで、犯罪抑止や現場の監視、コスト削減など様々なメリットが生まれます。

これまでカメラは必要ないと思っていた方も、今後はぜひ導入を検討されてみてはいかがでしょう。

 

現場監視カメラの導入を考えている方はこちらからどうぞ

現場監視カメラのお問い合わせやご注文が可能です

最新記事

カテゴリー

アーカイブ