お問い合わせ

  • TOP
  • ブログ
  • 【事例】監視カメラ導入で離れた工場の状況確認を低コストで実現

ブログ

blog

2021/10/31

【事例】監視カメラ導入で離れた工場の状況確認を低コストで実現

工場の遠隔監視や防犯対策でお悩みではないでしょうか?

工場では、主に生産性向上、安全管理、品質管理、防犯対策等の目的で監視カメラが利用されています。

この記事では、工場での監視カメラ活用の事例ついて解説していきます。

工場での監視カメラ導入をご検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

お客様情報

株式会社D様

従業員数:100名以下

設置場所:製造工場

 

導入前の課題

・工場の状況を確認するのに、事務所から往復20分程度かかっていた。

・安全管理のために監視カメラを導入したいが、コストは極力抑えたい。

・既存の防犯カメラのみでは死角があった。

 

導入効果

・事務所にいても監視カメラ映像で工場内の状況確認を行うことができるようになり、時間効率がアップした。

・必要な期間のみレンタルできるので、ネット工事や録画機器の手配が不要でコストをかけずに導入できた。

・SIM内蔵カメラのため簡単に移動ができ、作業場に合わせて設置することで死角が無くなった。

 

監視カメラを活用した工場での安全対策については、こちらで詳しく解説しています。

いかがでしたでしょうか。

本記事をお読みいただくことで、工場での監視カメラ活用の事例ついご理解いただけたと思います。

監視カメラを工場で活用することで、業務の生産性向上と従業員の安全確保を同時に実現することが可能です。

また、トラブル時の証拠映像を記録しておくことが、結果的に従業員を守ることにも繋がります。

コストを抑えて工場の遠隔監視や防犯対策を実施したい方は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

現場監視カメラの導入を考えている方はこちらからどうぞ

現場監視カメラのお問い合わせやご注文が可能です

最新記事

カテゴリー

アーカイブ